マップ式: 機能・特徴

最大の特徴は「成長促進」です。

マップ式は「成長促進」を最大の特徴としています。植物を元気に育てたいという、造園の重要命題を追及しています。

 

 

「成長促進」により多様な造園を実現

マップ式は植物の成長能力を最大限に引き出す造園法です。例えば、通常は高さ10m前後とされるヘチマも高さ30m近くまで育てる事ができます。この事により、従来は不可能だった大型建築物用緑のカーテンが可能になりました。他にも植物栽培が難しい屋上に高機能な庭園、難しい植物の栽培、イメージアップや集客用の豪勢な庭園など、様々な応用が可能です。

 

水量も自動調整する「自動潅水」

マップ式の自動潅水は給水だけでなく、水量も自動調整します。植物の成長期や猛暑日には水量が増え、雨天時などは給水が止まります。そのため、記録的猛暑などの特殊な気象条件下であっても植物が元気に育ちます。

 

環境に優しく安全なエコ設計「節水」「節電」

水量を自動調整するという事は無駄な給水はしないという事でもあります。そのため、植物に充分な水を給水しつつも、節水効果を得られます。また、給水も水量も自動でありながら電気を使用しません。

ページトップ