緑のカーテン: オブジェ・観光・広告

縦に伸びる事が緑のカーテンの大きな特徴です。この特性により立体的な緑化が可能です。また、環境緑化という良いイメージがあります。ここから派生して「オブジェ」「観光施設」「広告宣伝」「芸術活動」などにも適する緑化となっています。

 

オブジェ

objet1

緑のカーテンは建造物そのものを飾るオブジェになります。縦に伸びるため、見えやすく立体的なデザインとなります。日々の成長や開花による変化も楽しめます。

 

観光施設

大型タイプの場合、足を止めて鑑賞する方も多く、観光施設としての役割を果たしています。緑のカーテンは日本発祥文化であるため、訪日環境客や東京オリンピック・パラリンピックを見据えた導入が始まっています。

 

広告・宣伝

デザイン性や印象にも優れ、集客効果もあるため、広告宣伝用緑化としての活用も増えています。

 

ページトップ