緑のカーテン: 効果と役割

環境対策や節電意識により、緑のカーテンへの関心が高まっています。ここでは基本的な緑のカーテンに関する効果と役割をご紹介します。

 

 

ヒートアイランド対策

ヒートアイランド現象は都市部の緑地減少、コンクリートの増加が主な原因です。都市部の限られたスペースでも緑を増やしコンクリート面を減らすのに、縦に広がる緑のカーテンは優れた方法です。

 

 

 

省エネ・節電効果

緑のカーテンには日光を遮る「遮蔽作用」と、葉の裏から水蒸気を放出する「蒸散作用」があります。このW効果によりカーテン裏及び室内の温度を下げます。その分、エアコンの使用量が減少するため省エネ・節電となります。

 

 

 

地球温暖化対策

エアコンは電気使用量が多いためCO2排出量も多くなります。そのため、緑のカーテンでエアコン使用量を減らすと、CO2排出量も大幅に削減した事になります。

 

 

 

 

快適な室内

人間と緑は密接不可分の関係にあります。緑のカーテンで覆った室内は温度が下がるだけでなく、見た目にも体感的にも快適な空間となります。

 

 

 

 

景観の向上

緑のカーテンは縦に広がるため、土地の限られた都市部であっても広く緑化できます。そのため緑豊かな景観を創出します。

 

 

 

 

環境教育

緑のカーテンは教育教材として高く評価されています。校舎を覆う事で、自ら育て体感できる教材となっています。教室の環境改善にもなります。

 

 

 

 

花・野菜の栽培

緑のカーテンはヘチマやゴーヤ、朝顔などの様々なツル性植物を栽培できます。縦に育つだめ、わずかなスペースでも多くの花や収穫を楽しめます。

 

 

 

 

健康と美容

緑のカーテンになるツル性植物には、健康や美容に優れた植物が多くあります。ゴーヤは糖尿病などに有用ですし、ヘチマからは美容液を採取できます。

 

 

 

その他

緑のカーテンには他にも、外壁の保護や癒し効果など様々な効果や役割があります。

 

 

 

ページトップ