緑のカーテン: 学校教育

緑のカーテンは小学校を中心に全国に普及しています。これは環境効果だけでなく、学習効果や教室の改善効果が高く評価されているためです。

 

 

総合学習

マップ式緑のカーテンは校舎を覆う事で体感できるため、生徒が夢中になって取り組むケースが増えています。また、環境教育だけでは無く、国語や算数など全般に応用できる総合的な学習教材としての評価も高まっています。下記に学習例を記します。

 

環境 地球温暖化やヒートアイランド現象について学びます。
栽培 植物の栽培を体験できます。
観察 観察を通して植物について学びます。
測定 気温や高さの測定や計算を行います。
作文 緑のカーテンに関する作文が盛んになっています。
工作 押し花や染物を行う授業もあります。
料理 ゴーヤやキュウリを収穫、調理します。

 

団体活動

大型緑のカーテンは生徒が協力しあって数カ月間栽培する、貴重な団体活動の場となっています。そのため、団結力や思い出の場としても評価されるようになりました。

 

学力向上

学力向上については仮説ですが、生徒が授業に集中するようになったという評価もあります。緑のカーテンによる教室の快適性の向上、窓一面の緑による落ち着いた気分などが要因として考えられています。

ページトップ