超大型栽培

超大型栽培とは

弊社は緑のカーテンの“超大型栽培”を得意としています。
超大型化する事で、環境活動だけではなく、
学校教材や屋外アート、広告塔などの役割も兼ねるようになります。

【サイズによる分類】
緑のカーテンは下記のように分類する事ができます。

 

◆1人でも栽培できるサイズ(高さ1~10m前後)

老若男女、誰もが育てられるサイズです。緑のカーテンの真骨頂は“誰でも”“楽しく”“エコ活動”できる事にあります。
そのため、緑のカーテン文化において重要なサイズとなります。ベランダなど様々な場所で楽しめます。

002 (2)

 

◆みんなで栽培するサイズ(高さ5~15m前後)

学校や企業において、複数の人間が協力して栽培するサイズです。
緑のカーテンに詳しい方やプロがいないと難しい大きさですが、団体で栽培する楽しさや達成感を得られます。
建物全体を覆えるため、緑のカーテン効果を教室内やオフィス内で体感しやすいのも特徴です。

002

 

 ◆プロが栽培するサイズ(高さ10~25m前後)

注目を集める大きさです。そのため、屋外アートや観光用、広報や集客用として栽培される事も多いです。
周囲の空気感まで変わるほどのインパクトがあります。
栽培の難易度が高いため、プロに依頼するのが一般的です。

003

 

【“超大型”緑のカーテン】

弊社は学校やオフィスの屋上まで覆うような大きな緑のカーテンのご依頼を多く頂いております。
過去最大サイズは高さ28mとなります。これは8階建てビルほどの高さとなります。

緑のカーテン愛好家が急増しているため、“超大型”緑のカーテンへの注目度も年々高まっています。
大勢の通行人が足を止め、写真撮影していきます。

また、緑のカーテンは日本発祥の文化であるため、
2020年に向けて“超大型”緑のカーテンで訪日外国人にアピールする事を目的としたご依頼も増えています。