次世代造園法「マップ式」で彩る 緑のカーテン
緑のカーテンの事例写真

マップ式 緑のカーテン

緑のカーテンとは、建物の壁面を覆うようにヘチマやゴーヤなどのツル性植物を育てたもので、都市緑化技術の一つとして注目されています。

ヒートアイランド対策、省エネ・節電効果、景観の向上、環境教育など、たくさんの特徴を持っています。

 

「マップ式 緑のカーテン」は、当社独自の造園方法で、他に類を見ない超大型の緑のカーテンを実現することができ、多くの法人企業様、自治体様で導入いただいております。

環境問題や節電が将来にわたって求めらる時代に、当社の「マップ式 緑のカーテン」がひとつの答えになるかもしれません。